Fandom


(Adding interwiki language links)
(dewikiとeswikiに言語間リンクを追加)
 
15行: 15行:
   
 
{{デフォルトソート:わりお}}
 
{{デフォルトソート:わりお}}
  +
[[en:Wario]]
  +
[[de:Wario]]
  +
[[es:Wario]]
 
[[Category:マリオシリーズのキャラクター]]
 
[[Category:マリオシリーズのキャラクター]]
 
[[Category:ワリオシリーズ|*]]
 
[[Category:ワリオシリーズ|*]]
20行: 23行:
 
[[Category:コンピュータゲームのボスキャラクター]]
 
[[Category:コンピュータゲームのボスキャラクター]]
 
[[Category:架空の探検家]]
 
[[Category:架空の探検家]]
[[en:Wario]]
 

2019年8月1日 (木) 09:22に更新

ワリオWario)は、任天堂が発売したコンピュータゲームのシリーズであるマリオシリーズに登場する架空のゲームキャラクター。

登場の背景編集

初登場は1992年10月21日発売のゲームボーイ用アクションゲーム『スーパーマリオランド2 6つの金貨』。同シリーズの主人公であったマリオに敵対する、今までの敵ライバルとは一色違うタイプの、マリオに似た格好をした新たなライバルキャラクターとして誕生した。キャラクターデザインは、任天堂に所属するグラフィックデザイナーの清武博二。清武自身がモデルとされることも多いが、清武自身は否定している。

初出の『スーパーマリオランド2』ではマリオ城を乗っ取りマリオランドの住民達に魔法を掛けて手下にするという悪役(ボスキャラクター)として登場し、1993年発売の『マリオとワリオ』でもマリオ達にバケツを被せて妨害するという悪役であった。しかし、1994年発売の『スーパーマリオランド3 ワリオランド』にてマリオに代わって主人公を務め、その後は主役級キャラクターとして独立したシリーズを持つことになり、その他のマリオシリーズを始めとする様々な任天堂のコンピュータゲームにも登場するようになる。 マリオルイージと同様、チャールズ・マーティネー(Charles Martinet)が声優を務めている。ワリオが登場する日本のCMでは全て大塚周夫が務めており、マリオファミリーで唯一日本での声優が固定されている。『マリオパーティシリーズ』(2まで)と日本版『マリオカート64』(海外版はチャールズ)、『マリオカートアドバンス』ではトーマス・スピンドラーが担当した。

名前の由来は「悪い」と「マリオ」の合成であり「マリオに似た悪役キャラ」というコンセプトをそのまま表した名前である。また、「マリオ」のローマ字表記「MARIO」の「M」を上下反転すると「WARIO」となり、「マリオの逆」という意味も含む。

ギャラリー編集

ワリオ/ギャラリー

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。