Fandom


37行: 37行:
   
 
{{DEFAULTSORT:まりおかあとうい}}
 
{{DEFAULTSORT:まりおかあとうい}}
  +
{{マリオカートシリーズ}}
  +
[[EN:Mario Kart Wii]]
  +
[[DE:Mario Kart Wii]]
  +
[[ES:Mario Kart Wii]]

2019年5月3日 (金) 16:07時点における版

マリオカートWii
Mario Kart Wii (JA)
North American bundle box art
開発者 Nintendo
出版者 Nintendo
対応機種 Wii platform icon
ジャンル Racing
評価
ESRB  PEGI  CERO  USK  ACB

01ESRB E  01PEGI 3  01CERO A  テンプレート:USK 0  テンプレート:ACB G

クレジット ・ ギャラリー ・ 攻略とヒント ・ 動画

マリオカートWii』はWiiのホームコンソールと(両方のアーケードのタイトルが含まれます)「マリオカート」シリーズの第8弾のためのビデオゲームです。ゲームは間違いなくゲームプレイが「マリオカートアーケードGP」に馴染み思わせれば、Wiiリモコンを挿入することができWiiホイール、として知られているプラスチック製のステアリングホイールに同梱されてしまう。プレイヤーが望む場合は、彼らはまたのために「大乱闘スマッシュブラザーズX」の制御オプションに似た、全くシェルなしのゲームキューブコントローラ、あるいは単にその側で、クラシックコントローラで、ヌンチャクとWiiリモコンを使用することができますWiiとしていってしまう。「マリオカートWii」はWiiで最も人気のマリオのゲーム作り、第2のWii上で最も人気のあるゲームです。

ゲームプレー

いくつかはあり、いくつかの劇的な変化は、「マリオカートWii」で発生している。たとえば、代わりに一度にトラックにちょうど8レーサー、12が存在することになります。また、プレイヤーは自転車に乗ることができます。

ゲームは最初は「マリオカートDS」のものとニンテンドーWi-Fiコネクションを含むようにシリーズの第2である。ただし、より多くのオプションが、オンラインバトルモードをプレイする機能など、含まれて、プラス、同じ部屋に2人が同じコンソールを使用して、世界中の他の人とプレイすることができている。あなたにも送信し、受け取るゴーストデータを本サービスを経由して、任天堂によって開始されたトーナメントに入ることを許可している。

3項目の合計は、シリーズに新しく追加されたものの、前のゲームからのアイテムの数が戻ってきている。最初は、プレイヤーが、敵の上に耕す落とすことなく起伏の多い地形の上に移動し、通常よりもわずかに速いだろうし、任意の障害物をクラッシュさせることができるということを可能にするプレーヤーを拡大しますメガキノコを含む。次にあなたに短いブーストを与える雷の雲です。あなたがそれらに衝突によって短時間で他のプレイヤーにそれを送信しない場合は、それから雲はあなたを縮小します。最後の項目は、アーケードでマリオブラザーズから発信、POWブロックです。ユーザーがWiiリモコンを振るか、適切なタイミングで(あなたが使用しているどのコントローラに依存します)、D-パッドを使用している場合は、彼または彼女は彼/同じ速度で続けますけれども、このブロックは、外のすべてのプレーヤーを回転してもらう彼女はまだ彼の所有物のすべてのアイテムを失いつきだった。

ゲームモード

ゲームは、伝統的なグランプリモード、タイムトライアルモード、ミラーモード、バーサスモードとバトルモードを含み、また選手が人種や、世界中の11の他のプレイヤーまで戦うことができます今人気のオンライン・モードを備えてしまうのだ。ゴーストレースは、である他のプレイヤーのゴーストに対して選手をピットあなたとほぼ同じスキルレベルになります。(欧州における競争モードとも呼ばれます)トーナメントモードでは、プレイヤーはボスを倒し、すべてのゲートを通過し、このようなコインのすべてを収集としてタイミングタスクを破って持っている、または編集VS以上タイムトライアルレース(偶数内ますバトル・アリーナ)。上記のモードは、明らかにマリオカートDSのミッションモードを置き換えます。

Wiiのホイール

「マリオカートWii」は2007年のE3で明らかにされたときに、レジーフィス-Aimeのは、ゲームのリリースで拡大ボックス内のゲームと一緒にパッケージ来るWiiのホイールを披露した。 1は、誰もが車輪を使用してマルチプレイヤーマッチでプレーすることを望んだ場合には、ホイールにも、別々に販売することができた。


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。