(+es)
1行目: 1行目:
 
[[File:Falco_SSBU.png|thumb|250px]]
 
[[File:Falco_SSBU.png|thumb|250px]]
 
 
{{Quote|こちらファルコ。少々ずれてるが問題はない|ファルコ・ランバルディ}}
 
{{Quote|こちらファルコ。少々ずれてるが問題はない|ファルコ・ランバルディ}}
  +
'''ファルコ・ランバルディ'''('''Falco Lombardi''')は、[[任天堂]]のコンピュータゲーム『[[スターフォックスシリーズ|スターフォックス]]』シリーズに登場する架空のキャラクター。
'''ファルコ・ランバルディ'''('''Falco Lombardi''')は[[スターフォックスチーム]]の専門家のパイロット、そして[[フォックス・マクラウド|フォックス]]の良い友人である。ファルコ・ランバルディは、多くの場合、生意気とスマート広口だった。彼の最初の名前はハヤブサのような動物のための属「ファルコ」から来ていく。ファルコは命名されたのちにファルコは、オーストリアの音楽家とカルロ・ロンバルディ、ハリウッドの特殊効果アーティストの両方。
 
   
  +
== 概要 ==
ファルコは、多くの場合、参加すると、彼はアクションのチームに参加してみたように、ゲームのシリーズを通してスターフォックスチームを離れる。『[[スターフォックス64]]』のあと、ファルコは『[[スターフォックスアドベンチャー]]』の最後に戻って、原因興奮の不足のためにチームを離れる。『[[スターフォックス コマンド]]』のパスに応じて、ファルコはまたは接合後のスターフォックスを離れない場合があったが、彼は、デフォルトの結末に留まる。
 
  +
シリーズの主人公、[[フォックス・マクラウド]]のチームメイトとして登場するキャラクターのひとり。青い鳥の姿をしており、「ファルコ」という名前からファルコン、すなわちハヤブサをモチーフにしたものと思われがちだが、実際は昔話に登場するようなトリとしてキジをモチーフにデザインされている。
   
  +
エース・パイロットとして非常に優秀な腕を持っており、アーウィンの操縦に関してはフォックスと1、2を争う程の腕前であるが、自信が強いあまりに単機特攻など無茶な戦闘を行いがちで、たまに致命的な操縦ミスをやらかすなど局所的な盲点も抱えており、総合的な実力はいまいちである。また、戦車「ランドマスター」や潜水艦「ブルーマリン」といった飛行性能を持たないメカや、戦闘機を使用しない戦闘を非常に毛嫌いしており、『アサルト』においても、フォックス、スリッピー、クリスタルがブラスターを手に出撃する機会があるのに対し、ファルコだけ全ミッションを通じてアーウィンのみで戦っている。
ファルコはフォックスの良い友人と第2型指令として見られている。彼は戦いで彼は非常に便利なことは、チーム内の最高の[[アーウィン]]がパイロットである。ただし、彼は(彼は権威を嫌い)助言に従わない傾向があり、また遅刻、日を保存するために最後の最後で現れるのが好きだ(冒険の終わりに見られるように、およびコマンドのいくつかのミッション中)。彼はそれを認めたくないが、彼はチームに彼の家族と見えなかった。
 
   
  +
ぶっきらぼうな言動でクールな印象を与えているが、実際は誰よりも仲間思いな熱血漢であり、口には出さないもののチームメイトを家族と思っている模様。64版の頃は協調性を欠く言動が多かったが、後の作品になるにつれ素直になってきている。また、『コマンド』でフォックスに「いつも遅れてやって来る」と称されており、実際フォックスに危機がせまりギリギリのところで現れるという展開が多い。
ファルコは『[[大乱闘スマッシュブラザーズDX]]』を含む他のゲームで出演してきた。彼はフォックスと同様の動きを持って隠されたキャラクターだった。彼のブラスターは、迅速な火災能力を有していないものの、相手を気絶させることもできる。何かフォックスはやってすることができない。ただし、ファルコの回復の動き、ファイヤーバードは、キツネのフォックスファイヤーより短いリーチを持ち、攻撃にファルコはより脆弱に、起動時に対戦相手を燃やしている。フォックスは、最低の1持っている間ファルコは、ゲーム内の最高最初の飛びを持っている。彼のリフレクターを直接上向きに敵を送れた。ファルコは、ゲームで最高のスパイクの1持っている。それは常に下向きの敵を送る。ファルコはまた、『[[大乱闘スマッシュブラザーズX]]』の隠されたキャラクターとして確認されている。彼の最後のスマッシュは、それがより良いホバリング能力を持って、さらには殺される段階からキャラクターを飛ぶことができず、フォックスのよりものの弱い、ランドマスターのタンクを駆動している。
 
   
  +
身体的特徴としては、他のメンバーより最も身長が高い。『アサルト』では骨格や筋肉が職業軍人らしい筋骨逞しい体になっている。シリーズを通しての服装デザインは差ほどフォックスと変わらないが、『アドベンチャー』ではスターフォックスを脱退していたため、それまで着ていた制服を脱ぎ、パンクスタイルの様な普段着(らしきもの)に着替えている。サングラスをかけており、復帰の際にはずしている。何故か頭部を負傷しており、頭に包帯を巻いている。『アサルト』でもデザインが新調され、赤を基調とした戦闘服に変更されている。
== トリビア ==
 
キャラクターデザイナー「[[高谷今村]]」はもともと特殊効果アーティスト「カルロ・ロンバルディ」を撮影へのオマージュとしてファルコの名前「ファルコ・ランバルディ」を与えた。日本は「Lambardi」としてこの名前をローマ字、アメリカの任天堂は後でロンバルディに落ち着いた。
 
   
 
{{DEFAULTSORT:らんはるてい ふあるこ}}
 
{{DEFAULTSORT:らんはるてい ふあるこ}}

2018年10月23日 (火) 01:47時点における版

Falco SSBU.png

こちらファルコ。少々ずれてるが問題はない
―ファルコ・ランバルディ


ファルコ・ランバルディFalco Lombardi)は、任天堂のコンピュータゲーム『スターフォックス』シリーズに登場する架空のキャラクター。

概要

シリーズの主人公、フォックス・マクラウドのチームメイトとして登場するキャラクターのひとり。青い鳥の姿をしており、「ファルコ」という名前からファルコン、すなわちハヤブサをモチーフにしたものと思われがちだが、実際は昔話に登場するようなトリとしてキジをモチーフにデザインされている。

エース・パイロットとして非常に優秀な腕を持っており、アーウィンの操縦に関してはフォックスと1、2を争う程の腕前であるが、自信が強いあまりに単機特攻など無茶な戦闘を行いがちで、たまに致命的な操縦ミスをやらかすなど局所的な盲点も抱えており、総合的な実力はいまいちである。また、戦車「ランドマスター」や潜水艦「ブルーマリン」といった飛行性能を持たないメカや、戦闘機を使用しない戦闘を非常に毛嫌いしており、『アサルト』においても、フォックス、スリッピー、クリスタルがブラスターを手に出撃する機会があるのに対し、ファルコだけ全ミッションを通じてアーウィンのみで戦っている。

ぶっきらぼうな言動でクールな印象を与えているが、実際は誰よりも仲間思いな熱血漢であり、口には出さないもののチームメイトを家族と思っている模様。64版の頃は協調性を欠く言動が多かったが、後の作品になるにつれ素直になってきている。また、『コマンド』でフォックスに「いつも遅れてやって来る」と称されており、実際フォックスに危機がせまりギリギリのところで現れるという展開が多い。

身体的特徴としては、他のメンバーより最も身長が高い。『アサルト』では骨格や筋肉が職業軍人らしい筋骨逞しい体になっている。シリーズを通しての服装デザインは差ほどフォックスと変わらないが、『アドベンチャー』ではスターフォックスを脱退していたため、それまで着ていた制服を脱ぎ、パンクスタイルの様な普段着(らしきもの)に着替えている。サングラスをかけており、復帰の際にはずしている。何故か頭部を負傷しており、頭に包帯を巻いている。『アサルト』でもデザインが新調され、赤を基調とした戦闘服に変更されている。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。