Fandom


クッパKoopa、欧米ではBowser)は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに登場する架空のキャラクター。

正式名称は「大魔王クッパKing Bowser Koopa)」。他に「クッパ大王」、「クッパ大魔王」、「魔王クッパ」などとも呼ばれる。

概要編集

クッパ軍団(初期はカメ帝国とも)のボスキャラクター。怪獣を思わせる姿をした巨大なカメで、黄色と緑色からなる皮膚と赤色のたてがみを持ち、甲羅には10本のトゲが、頭には鋭い角が付いている。また、側面に棘が付いている黒い腕輪と首輪をはめている。自然界のカメとは異なり、直立2足歩行で歩く(作品によって走る際には4足歩行になる)。性別は雄。得意技は口から吐く灼熱の炎。

しばしばピーチ姫をさらい、キノコ王国の平和を乱し、大勢の部下と共に暴挙を繰り返すが、その度にマリオ(一部例外あり)に野望を阻止されている。第一作『スーパーマリオブラザーズ』では、キノコ王国に攻め込んできたクッパが、その魔法でキノコ族を岩やレンガ、つくしなどに変身させてしまったとされている。

ピーチをさらう理由は、『スーパーマリオブラザーズ』では自分が掛けた魔法を解く力を持っているからとされているが、それ以降はこれといった理由も示さないままピーチをさらうことが多い。『スーパーマリオサンシャイン』ではクッパJr.の母親代わりに、という理由でピーチをさらっている。漫画『スーパーマリオくん』やアニメ映画『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』などではピーチとの結婚を目的としてさらっているが、ピーチ本人はとても嫌がっている模様。『スーパープリンセスピーチ』では、ピーチではなく邪魔なマリオやルイージ、キノピオを先に誘拐している。また、マリオシリーズ中の一部の作品では「クッパがピーチ姫を誘拐し、最終的にそれをマリオが救出する」流れはもはや当たり前のことのように、作品中の登場人物が示唆している描写も散見される。

外見は1960年に東映動画が制作した『西遊記』に登場する牛魔王を元にしている。マリオシリーズ開発の中心人物である宮本茂が描いた『スーパーマリオブラザーズ』の箱絵のクッパには劇中と違い角がなく、肌も灰色だったが、小田部羊一が再デザインを担当してからは劇中同様の角が生えている現行のデザインに近いものになった。

「クッパ」という名前の由来は、『スーパーマリオブラザーズ』の開発者たちが、ボスキャラの名前を決めあぐねる時に、ある者が「焼肉屋に行ってクッパを食べたい」と言ったためだと言われている。クッパという名称を承諾した宮本茂は、最初クッパを粥の一種だと知らず、焼肉屋のメニューということで肉の一種だと勘違いしており「焼肉だと力強くてカッコいい」と解釈して決めたのだが、粥だと知った後もその名称で通すことを決めた。また後述にあるとおり焼き肉がクッパの好物のひとつにあげられており、クッパに因んでゲッソーなど同作のキャラクターの一部も食べ物から命名したというエピソードがある。

また、欧米版ではBowserバウザー)というニックネームで呼ばれており、Koopaノコノコもしくはそれを含めたカメ一族の総称とされている。ただし本名は欧米版でもKoopaであり、King Koopa(クッパ王。「クッパ=カメ一族」であるため、「カメ一族の大王」という意味になる)とも呼称され、2つの名を繋げた(KingBowser Koopaとされることもある。また韓国では「クッパ」と呼ばれているが、名前の由来となった料理のクッパが「국밥(gukbap、発音はククパプに近い)」なのに対し、こちらのクッパは日本語読み風に「쿠파 (Kupa)」と異なる表記になっている。日本版も含め、フルネームは公式に発表されたことがない。

クッパはマリオシリーズの多くの作品で、マリオ及びマリオファミリーの「宿敵」「好敵手」という関係を保っている。一部の作品ではワリオなど他のキャラクターがマリオのライバル役を担当することがあったが、ワリオは自身が主人公になるゲームが増え、マリオと対決する場面がほとんどなくなったのに対し、クッパはマリオとのライバル関係を維持し続けている。『大乱闘スマッシュブラザーズX』においてはクッパは「マリオの永遠のライバル」、ワリオは「マリオの自称ライバル」と解説されている。

2013年にはついにマリオと並び、「ゲーム史上、最も偉大なゲームの悪役」としてギネス世界記録に認定され、名を連ねることとなった。

ギャラリー編集

クッパ (ゲームキャラクター)/ギャラリー

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。