Fandom


がんばれゴエモン2』(がんばれゴエモンツー)は、1989年1月4日コナミから発売されたファミリーコンピュータアクションゲーム。『がんばれゴエモン!からくり道中』の続編にあたる。

ゲームの概要 編集

プレイヤーは義賊のゴエモンと忍者のエビス丸を操り、財宝が隠されていると言われるからくり城を目指す。前作との最も大きな相違点は、2人同時プレイが可能になった点である。また、前作は横スクロールのみであったが、今回は縦スクロールのマップも新たに登場。ステージによってはボスも登場する。前作と比較してステージ内の施設や敵、攻撃アイテムなどのバリエーションが豊富になっている。ステージ数が大幅に削減されたこと、ステージクリア時の残り時間に応じて所持金が増えることなどにより、やや攻略しやすくなった。その反面、前作では3Dの迷路内で利用できた裏技が利用できなくなった点、島や崖、落とし穴など足場が不安定な場所が増えた点などを考慮すれば、必ずしもすべての面で容易になったとはいえない。

世界観 編集

舞台は江戸時代日本。後の『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』以降のシリーズ作品はSFの要素を多く含むようになるが、本作においては江戸時代の雰囲気が強く現れた作品である。

ゲームの基本 編集

ゲーム開始時に1人プレイと2人プレイを選択する。1人プレイではゴエモンとエビス丸のどちらかでプレイでき、2人プレイでは1Pがゴエモンで2Pがエビス丸を操作することになる。

基本操作は攻撃とジャンプ。敵を倒すと小判(10両)が手に入る。

ひょうたんの近くでジャンプすると、招き猫もしくはおたふくが出現する。招き猫を取得すると武器が変化し、ゴエモンの場合は「キセル→小判→ネズミ花火」、エビス丸の場合は「笛→かんしゃく玉→手裏剣」の順に武器が変更する。おたふくを取得すると移動速度とジャンプ力がアップする(わらじ無し時を含め3段階まで)。なお、ひょうたんから飛び出すウンチを取ってしまうとパワーダウンとなる。

2人同時プレイの場合は、一方の残機が無くなっても、もう一方の残機が2つ以上あれば、Aボタンを押すことでそれをもらい復活することができる。なお、スタート時に1人プレイを選択した際も2プレイヤーの途中参加は可能だが、この際も同じように残機を消費する。

ライフがなくなる、落とし穴に落ちる、制限時間内にクリアできない等で残機数が1つ減り、移動速度(わらじ)が1段階下がる。残機がすべてなくなるとゲームオーバーゲームオーバーになると、初めの1回だけは地獄で釜の上に吊るされる。Bボタンを連打し脱出すれば、アイテムとお金を失わずに復帰できる(ただし残機は1つ)。釜に落ちた場合も復帰できるが、アイテムが失われる上にお金が半分になる。また2回目以降ゲームオーバーになっても同様の措置が採られる。なお、前作ではコンティニューがなくゲームオーバーになるとステージの最初からとなっていたが、今作では何度ゲームオーバーになっても再開はゲームオーバーになったステージのミスした所からとなる。

大抵のステージは前作と同様、手形を3つ集め関所を開くことでクリアとなるが、前作と違いボスを倒さなければならない場合もある。クリアすると残り時間に応じてお金をもらうことができる。

なお、本作はスコアの概念がなく、2周目以降のステージもない。

アイテム 編集

以下のアイテムが存在する。

お守り
カゴ屋につかまらずに済む。
おにぎり
ライフメーターがゼロになったとき、一度だけ自動的に全回復する。
敵によるダメージを8回まで防ぐ。
鳥の糞や落石などの落下物を10回まで防ぐ。
ろうそく
隠し通路の入り口(階段)が一定時間見えるようになる。
砂時計
残り時間が増える。
やじるしくん
顔に矢印のついた人型の人形。3Dの迷路内でゴールの方向にナビしてくれる。
これぞうくん
ゾウのような顔の人形。正式名称「これを持っていると出口まで行けるんだ象くん」。3Dの迷路内でセレクトボタンを押すことにより、ゴールまで連れて行ってくれる。
さあびすちゃん
ゴエモン型の人形。1UPする。
通行手形
一部のステージを除き、3つ集めて関所に行くことがゴールの条件となる。

登場する施設 編集

よろずや
おにぎりや時計、手形などを売っている。
宿屋
泊まるとライフが回復する。泊まる部屋には松・竹・梅の3ランクがあり、それぞれ価格・回復度が異なる。
めしや
各地で名産の食べ物を売っている。食べるとライフが回復。
ふろや
ゴエモンは男湯に、エビス丸は女湯に入るとライフが回復する。逆に、ゴエモンが女湯、エビス丸が男湯に入るとライフが減る。
?や
3Dの迷路に挑む。手形やお金、1UPが隠されている。よろずやで迷路用のお助けアイテムも売っている。類似のものにステージ4のみ鍾乳洞をイメージしたと思われる自然洞窟があるが、こちらは無料で入場できる。
みせものごや
おたみちゃんSHOWを見ることができる。ステージによって違いがあるSHOWもある。
おみくじ
運勢を占ってもらえる。「大吉」だと小判が、「凶」だと岩が降り、「吉」だとなにも起こらない。
とばく
勝てば持ち金が倍に、負ければ半分になる。掛け金30両でアイテムが手に入るとばくやもある。

テンプレート:ネタバレ

主人公の武器編集

ゴエモン
キセル
手に持って敵を叩く。接近用武器。
小判
敵に向かって一直線に投げつける事ができる。使っても所持金が減ることはない。
ネズミ花火
武器ボタンを押すと足下に現れ、その後不規則に動き回って爆発する。
エビス丸
手に持って敵を叩く。接近用武器。
かんしゃく玉
放物線を描き前方に飛んでいく。敵か地面に触れると爆発する。
手裏剣
やや蛇行しながら前方に手裏剣が飛んでいく。貫通力があり直線状の敵をまとめて倒せる。

2人の武器レベルは共用になっており、例えばゴエモンが招き猫を取りキセルから小判になるとエビス丸も笛からかんしゃく玉に変化し、逆にダメージを受けゴエモンが小判からキセルに戻るとエビス丸の武器もかんしゃく玉から笛に戻ってしまう。

説明書にはネズミ花火・かんしゃく玉は隠し階段の近くで爆発すると階段が発見できると書かれているが、実際には見つけるためには階段の近くでジャンプする必要があり、武器は発見に無関係である。

ステージ構成 編集

ゴエモンたちは牢を抜けた後にからくり城を目指し、南の九州から北の蝦夷地まで日本列島を縦断する。各ステージではその地方の名物や特徴をよく表したマップやキャラクターが登場する。

ステージ1 牢破り
牢に捕らわれているゴエモンはある日、「からくり城に財宝が隠されている」という情報をエビス丸から聞き、暇潰しのためにからくり城へ向かうことにする。囚人によれば、庄屋に会えばからくり城のことが分かるかも知れないという。牢を破り町に出たゴエモンとエビス丸は庄屋のもとを目指す。ボスは庄屋が中で操縦する「相撲ロボ 庄屋壱号」。手形は登場しない。
ステージ2 九州(肥前肥後豊後
中国人や宣教師阿蘇山が登場。
ステージ3 四国(伊予阿波土佐讃岐
鳴門の渦潮河童土佐犬雷神風神が登場。伊予には道後温泉があり入浴が可能である。讃岐には金刀比羅宮を模した神社がある。
ステージ4 中国(安芸長門出雲因幡備前
サルや山賊・白兎が登場。ボスは赤鬼青鬼を吐き出す「モモザンヤ」。出雲には出雲大社を模した神社がある。なお、このステージのみ隠し階段が一切配置されていない。その代わり2つある3D迷路は無料で入れる。手形は2つある迷路やボス戦でのみ入手可能。
ステージ5 近畿(播磨摂津河内山城大和
弁慶鹿・白兎が登場。大和には大仏殿がある。当時コナミの本社のあった摂津国ではファミコンソフトを売っており、買うとそのソフトに登場するキャラが敵や町人になって出現する。一方で、手形は迷路や店で手に入れるしかない。
ステージ6 中部(伊賀伊勢尾張飛騨信濃甲斐駿河大井川
忍者や山賊・が登場。飛騨は細い通路が多く、迷路状になっている。甲斐甲府勤番をイメージしたのか御用役人が多数登場する
ステージ7 関東(伊豆相模武蔵日本橋江戸城
手形が不要。江戸城の奥で殿様と会うと、からくり城はもっと北にあると教えられる。伊豆国では波乗り御用役人も出現。相模国では鎌倉の大仏も見られる。ゴエモンシリーズのテーマ曲でもある、前作の町ステージBGMのアレンジバージョンが初めてかつ唯一流れるのもこの面である。
ステージ8 東北(上野下野越後羽後陸奥
雪ん子や雪だるま雪女妖怪が登場する。陸奥では恐山イタコ婆さんが出現。ボスはイタコ婆さんが呼び出す「ブラックゴエモン&エビス丸」(ゴエモンおよびエビス丸の偽者)であり、プレイヤーの人数などによってボスが変化して、1人プレイはプレイしているキャラクターがそのキャラクターと同じキャラクターのボスと戦い、2人プレイではボスを2体戦わなければならない。なお、ステージ8と9には手形を売っている店が存在しない。
ステージ9 蝦夷
一帯が銀世界の面。雪ん子や雪だるまが登場。ボスは「ヒグマの赤丸」。
ステージ10 からくり城
最終ステージだけあって城内は非常に広く、店や擬似3Dによる無限回廊もある。1階から8階まであり、敵がいるのは7階まで。役人や忍者・からくりロボが登場。ボスは大砲坊主(1階)・巨大核(ビッグコア)(3階)・皿人形(5階)・般若(6階)・武者モアイ&バカ殿からくり権左衛門(7階)。手形は登場しない。

エビス丸について 編集

このゲームのエンディングでは、ゴエモンの相棒エビス丸が実は「へんしんからくりの術」によって変身させられた女性であったことが明かされる。その姿は、後に登場するくのいちの「ヤエ」とやや似ている。ところが、本作の次に発売された『がんばれゴエモン外伝〜消えた黄金キセル〜』では、エビス丸が再び忍者として登場する。「へんしんからくりの術」は外伝でも人をエビス丸に変身させる術として登場しているため、オリジナルのエビス丸は少なくとも外伝以降で登場する人物であると言える。しかし、外伝の冒頭ではゴエモンとエビス丸が初対面であるような描写がされており、矛盾が生じている。

本作でエビス丸のキャラクターがユーザーの間で好評だったことから、以後エビス丸がゴエモンシリーズの看板のひとつにすえられており、『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』以降の作品でもエビス丸はゴエモンの相棒として活躍することとなる。そのためか、後の作品においては本作におけるエビス丸の背景や矛盾点について、コナミは目を瞑っている状態となっている。

テンプレート:ネタバレ終了

小ネタ 編集

  • 地上に存在する地蔵をキセルまたは笛で攻撃すると地獄行きとなり、幽霊のような敵が登場する別のステージを進むことになる。接近用武器を使った状態でしか進めないのでかなり難易度は高い。(ちなみに幽霊のような敵は陸奥にも登場する)
  • 特定の神社や店などに向かって小判を投げ込むと、ボーナスがもらえる場合がある。
  • 通常、商店ですべての品物を購入すると「本日は売り切れです」というメッセージであるが摂津国でファミコンソフトを売っている店で全商品を購入すると「すべて買っていただき、ありがとうございます。お客様は神様です」というメッセージになっている。

製作スタッフ 編集

  • プログラム:品門和浩、小川光章、蛭子丸
  • デザイン:日下進、西村汁子、雷計以太
  • サウンド:村田幸史、山根登山

関連項目 編集

前作:
がんばれゴエモン!からくり道中

がんばれゴエモンシリーズ

次作:
がんばれゴエモン外伝
〜消えた黄金キセル〜

テンプレート:がんばれゴエモン

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。